人生が絶対明るく変わる自己肯定感高めの育児術

自己…肯定感?自分大好きな人って事!?
高飛車な性格な、ス◯夫みたいな人って事ですか???

う〜ん。骨川ス◯夫タイプは劣等感が強いが故に「自慢ばかりしている」ことがあるからちょっと違うわね。
「自己肯定感の高い人」って言うのは「劣等感の低い人間」と言ってもいいくらいだわ。

ええ〜?どゆこと?なんかよくわかんなくなっていきたよお〜

皆さんは自己肯定感自尊心という言葉を聞いたことがありますか?
私は心理学を学んできて、メンタルを健康に保つ為には自己肯定感を高くすればすべてなんとかなるのでは?そう思ったほどでした。
そんな、自己肯定感というものはなにかを今日は説明していきたいと思います。

自己肯定感って何?「プライド」は違うの?

自己肯定感を説明しようとすると、よくナルシストやプライドの高いことと勘違いをしている人がいます。

自己肯定感というのは簡単に言うと、「自分の嫌なところも、ありのまま受け止めることができる」ということを指します。
自己肯定感が低い人はメンタルが弱かったり忍耐力が低かったりしてしまいます。

主婦を例に挙げてみみましょう。
育児と家事というのは、やろうと思ったら際限なくやる事があります。
洗濯にお皿洗い、片付けに買い物と・・・。

自己肯定感の低い人はお皿洗い一つ終わらせたところで「まだまだやることはたくさんある・・・早く洗濯も掃除も終わらせなければ……」
と先の不安ばかりを考えてしまいまう傾向にあります。
そのため自分の気持ちが追い込まれてしまい「焦燥感」や「不安感」を感じやすくなってしまうというわけです。

一方、自己肯定感の高い人は家事を一つ終わらせたところで新しい気持ちで次に取り掛かることができます。
自己肯定感の高い人は、自分を認めてあげることが容易いのです。

特に、育児や家事は他人に評価されることのない仕事です。

つまり主婦という仕事は、自己肯定感が低くそれを他者評価で埋めようとする人には、より『つらい』と感じてしまう仕事なのです。

自己肯定感の低さチェック

自己肯定感の低い人は、

・ミスをしたとき自分を責める ・いくら頑張ってもまだまだだと自分を認められない ・たまに自分なって必要ないのではと思う ・焦燥感・不安感が強い ・他人の目が気になる ・他人と自分を比べてしまう ・心配ごとが多い ・物・人に執着、依存しやすい

などの特徴があります。当てはまるものが一つでもあったでしょうか?

自己肯定感というのは、幼少期に養われることがほとんどです。
幼少期に「兄弟で比べられて育った」「いじめられたトラウマがある」「いつも怒ってばかりの親がいた」「あまり褒められなかった」「親が自分に関心がなかった」「親が過干渉であった」など、自分を否定されるような経験があると上手く自己肯定感が育たず、劣等感を強く持ってしまうことがあります。
心当たりのあった人は要注意が必要です。

自己肯定感の低い人による子育てへの影響

子供は自分の分身なんて言いますよね。
その為、自己肯定感が低いとそれをそのまま子供にも反映させてしまう親が多いのです。
子供への依存が強かったり、子供へ自分の考えを押し付けようとしたり、心配しすぎてしまったり、自分の子育てに自信が持てず、意見や主張をコロコロ変えてしまったりです。

よくあるケースでは自己肯定感の低い親は、子供が頑張っても「もっともっと」と、それ以上を求め子供の頑張り自体を認めてあげられないケースが多いのです。
テストで70点を取ってきた息子に対して、「70点もとれるなんてすごい!」と考えるのではなく、「30点も間違えるなんてもうちょっと頑張れたよね?」と、欠けた所に目がいってしまう。子供の頑張って来た過程が認めてあげられない
という事態が起きてしまったり。
また子供に必要以上のルールを押し付けてしまい、それを守れなかった子供に対して「裏切られた感」を感じてしまったり。
子供と自分を分離して見られないということが起きてしまうのです。
こうなってくると、子供は家庭に安全地帯を見出すことができずに、自立心がうまく育たなくなってしまったりと、子供の心が育ってゆく過程で悪影響を与えてしまいます。

自己肯定感の低さは必ず周りに影響を与えてしまいます。
お子さんが大人になっても「生きずらさ」を感じながら過ごすのは嫌ですよね。
また、子供の自己肯定感を上手くアップさせてあげることは「自立心」や「自発心」を育てたり、「学力向上」にも影響してくるそうです。
子供の自己肯定感を育てる一番の近道は、まず自分自身を見つめなおし、自分の自己肯定感をアップさせて心のゆとりをつくっていくことなのではないでしょうか? 

まとめ

ふむふむ…自己肯定感の高さって日常生活でも大切になってきそうだね〜

そうそう、自己肯定感を高めることで精神的に安定したよりよい人生を送ることができそうね!

自己肯定感をあげることは、育児をより良いものにするだけではなく、そのほかの人間関係も良いものへと変えてくれます。
そして何より、自分が不安や心配から解放してあげることができ、生きやすい環境に近づけることができます。
自己肯定感をアップさせてよりよい子育てをしていきましょう!