【里帰りしない出産】何を準備しておけばいい?

女性としてのお仕事「出産」を終えたと思ったら、やってくるのが赤ちゃんとの生活です。

妊娠中はついつい「出産」ばかりに目がいってしまいますが、それ以上に大変なのが「産後」です。

しかも最近は出産をできるクリニックが減ってきた事や、核家族が増えてきたせいか、里帰り出産をしない方が増えてきました。

今回は、「里帰りをしない産褥期はどう乗り越えたらいいか」をご紹介したいと思います。

里帰りをしない出産何を準備しておけばいいの?

里帰りってした方がいいの?

正直言って、里帰りってする必要ある?赤ちゃんのお世話ってそんなに大変?

ちょっとポメオ。
産後は交通事故にあったぐらいのダメージをおっているといわれているのよ。
その上、昼夜問わず二時間に一回の赤ちゃんへの授乳が毎日待っているのよ。

えー!それってやばいじゃん!

産後一ヶ月はなるべく安静にして出産のダメージをしっかり回復させることがその後の体調にも影響してきそうね!


私も里帰りをせず二度、出産を経験しましたがやはり身体的には「里帰りのできる環境があるのであれば里帰りはしたほうが良い」と強く思いました。

産褥期は身体の内側は出産の疲れでボロボロになっていても、体は結構動けてしまうものなので、ついつい目に付いた家事をしてしまいます
しかも二人目以降はやることも増えて、上の子の相手もしなければなりません。

しかし、そうは言っても里帰り出産のできる環境の整った方ばかりではありませんよね。

と、このように

「例え自分の実家であっても里帰り出産することは精神衛生上に良くないと感じる」という場合や「両親がすでに他界されている」「両親が介護状態にある」など「里帰り出産が物理的不可能」な方も多くいらっしゃられます。

産後は安静にしていないといけないのは分かったけど…みんながみんな、親に頼れるわけじゃないよね…

どうしても里帰りできない人は少しでも事前に
いろいろと準備をしておくといいわね。

里帰り出産をしないのだけれど、何を準備しておいたらいい?

里帰り出産をしない場合は何より産前の準備が重要になってきます。
産後は安静を考えると、買い物に行くこともなかなかままなりません。

なるべく安静にしておきたい産後
産前にはどんな準備をしておけばよいでしょうか?

宅配サービスを把握・登録しておく

産後は絶対に必要!と思うのは「食材の宅配サービス」
生協や近くのコンビニの宅配サービスは産後は欠かせませんね。

しかし、産後すぐに使用する場合は事前に登録をしておかなければなりません。
生協の多くは「妊娠中・子供が○歳までは利用料金が無料」というところが多いので登録しておいて損はありませんよね。

最近の生協はネットから注文できるところも増えて以前に比べて手軽に注文することができるようになりました。
特に産後ママにおススメなの生協の、食材などがすでにカットしてあって、炒めたり煮るだけの状態になっている「お料理キット」の宅配サービスです。
長時間台所に立ってなくてよくなるこれはかなり助かりますよね!
私も産後はかなり使わせてもらいました♪

消耗品などは「Amazon prime」に登録しておく事で次の日に配達してくれるので、有料ではありますがかなり便利でした!
買い物するとかさばる「トイレットペーパー」も、ついつい買い忘れてしまう「洗剤」も寝る前にポチっとしておけば次の日配達してくれます♪

産後は、「生協」「Amazon」をフル活用で乗り切りましょう!

食器は洗わなくてよい紙皿や割り箸を活用する

家事の手間を大幅に減らしてくれるのが「使い捨て食器」

最近は紙コップ・割り箸・紙皿・プラおわん、はたまたプレート皿までいろいろな使い捨て食器が売られています。
使った後はそのまま捨てるだけなのでお皿洗いの手間が減って楽々です♪

ちょっと見た目が不恰好なのが難点ですが、産後一ヶ月の辛抱です!

日持ちするレトルト食品やフリーズドライ製品を買いだめしておく

最近の冷凍食品やレトルト食品は種類も増えてきましたよね♪
昔はカレーやハンバーグぐらいのイメージでしたが、今ではお魚や煮物なども増えてきました。

実際、生協などで食品はほとんど賄えてしまっていたのであまり使わなかったのですが、
備えあって憂いなし!
簡単に食べられる食品を揃えておくことでかなり安心感が違いますよ!
日中ひとりの時なんかはレトルトがあると安心です♪

産後ヘルパーなどのサービス事前に調べておく

食事はどうにかなるけど、掃除洗濯後片付けとママの出番はまだまだたくさん…
そんな時は「産後ヘルパー」さんにきてもらってお助けしてもらっちゃいましょう!

お住いの地域によっては「自治体」で産後ヘルパーを派遣してくれるところもあります。
価格も普通に頼むと一時間3000円前後が当たり前の中、自治体にお願いすると一時間500〜1000円程度で請け負ってくれるところがほとんどです。
このお値段だったら気軽に頼むことができますよね!

しかし、一ヶ月前から予約しなければならないこともあるので産前からお住いの地域のホームページをよくチェックしておくことが必要です♪

配達範囲内のデリバリーや出前などを確認しておく

産後は赤ちゃんのお世話でクタクタ…
もう眠くてご飯をつくるのさえしんどいよ…
そんな時は思い切って「出前」を頼んじゃいましょう!

「田舎だからデリバリーできるお店がないよ…」
なんて方、私も田舎に住んでいるのでそう思っていました。
しかし探してみると近くのお蕎麦屋さんや定食屋さんで「出前」を請け負ってくれているというパターンもあるのです。
もちろんインターネットで掲載していない場合があるので、自分の足で探さないといけないことも。
産後は気軽に出歩けなくなってしまうので、産前に見つけておくとかなり便利ですね。

産後は母乳の栄養などや乳腺の詰まりを考えると、デリバリーピザやファミレスのデリバリーはちょっと…ってときなんかに昔ながらのお蕎麦屋さんで鍋焼きうどんや定食なんかを出前してもらえてすごく嬉しかったですよ!

なるほど〜これだけやっておけば産後の負担もだいぶ減るね!
ってゆうか、産前もやる事が沢山あるんだね…

そうよ、産後はもっと大変だけどね…。ふふふ。

ひい〜〜〜!

まとめ

産褥期を乗り越える為には、いろいろな準備をしておくとお母さんの負担が減りますね。
しかし、いくら準備を周到にしようと実際は、里帰りをしない産後にはお父さんの協力が必要不可欠になります。
まだまだお父さんの育児休暇の取得しにくい日本で、産後はなるべく早めに帰宅してもらえるよう職場との連携を深めておいてもらうなど「夫婦での話し合い」も大切になってきますね。

「里帰りしない出産」はデメリットだけではなく、お父さんがお父さんとしての自覚をもつ大きな第一歩を踏み出す役割も担ってくれるのではないでしょうか?
親になるのはお母さんだけではありません。
夫婦二人三脚で無理をしない産褥時を過ごしましょう!