【もう無理】仕事家事育児が一気に楽になる心理術!

ワーキングママって大変そうだよね〜。
ポメオの会社にもお子さんの小さいパートさんがいるけど、しょっちゅう「子供の体調不良」でおやすみしてて大変そうだよー。

そうねえ。子供が小さいと子供の都合で休まないといけないからお母さんは体力的にも精神的にも大変よね。
ってゆうかポメオって会社員だったのね…。

働きながら子育てをするのって、兎に角大変!
家でも職場でも朝から布団に入るまでの間、ずっ〜と働きっぱなしの状況。
1日のスケジュールはぎっしりで、精神は張り詰めっぱなし!

私も育児をしながら会社に勤めていた頃の事は、大変すぎて記憶が曖昧になっているほど。(笑)

そんな、ワーママにしか分からない大変な毎日。どうしたら少しでも楽になるのか?精神的に疲れてしまった時どうやって自分を慰めてあげたらいいのかをメンタル心理カウンセラーがピックアップしてみました。

まずは働きながら育児をすると何が大変なのかを原因追求していきましょう。

働きながら育児をするってなにが大変?

周りの人に罪悪感を感じる

子供に対してや職場の人に対して、大なり小なり罪悪感を抱えなが働くことになります。
慣らし保育だけで子供が保育園に慣れることは難しいですし、まだ月齢の小さな子供を預けての職場復帰になりますと泣く子供を朝預けて仕事に行くことは大変心が痛みますよね。
また、初めての集団生活の中で病気を貰ってくることもしょちゅう。
子供が病気になると24時間体制の看病が待っていますし、会社もお休みしなければなりません。
子供の月齢が小さければ小さい程、免疫が低く病気を貰ってくる回数も増えますし治る速度も遅いものです。
何度も何日もお休みをしなければならないことに、会社に対して申し訳ないと思いながら過ごすことになってしまいます。

自分の時間がなくなる

働いていない時でさえ、育児をしているとなかなか自分の時間を取れないものです。

働きながら育児、家事をこなしていくということは更に自分がリフレッシュする時間が取れなくなってしまうものです。

うちの場合、家から帰ってからご飯を作って、子供たちをお風呂に入れて、歯磨きをさせて、子供を寝かしつけて、明日の用意をして、お皿洗い、洗濯を済ましてからの自分の時間となります。

が、殆どの場合が仕事と家事と育児を済ませるだけでクタクタで眠ってしまいますし、休日も子供達の世話や、平日が少しでも楽になるよう掃除洗濯おかずの作り置きオムツへの名前書きなどで1日が過ぎてしまいます。

これではお母さんのお休みはどこにあるのでしょうか?

家事が疎かになる


家事に費やせる時間がグンと減るので、家事全体がおろそかになってしまいます

私はズボラな性格なので、多少部屋が散らかっていても気にならないのですが、二人目が産まれてからは幼稚園に持っていくお着替えやパジャマなどで洗濯物の量が増えてしまったので、それを畳む時間が取れない日が多いことがとても嫌で仕方ありませんでした。

整頓されていない洗濯物の山から、目当てのものを探さなくてはいけないタイムロスが自分時間を減らす悪循環となっているのがイライラに繋がります。
そんな様なちいさなフラストレーションが積み重なって大きなストレスとなってゆくのです。

職場の人との人間関係は?

職場の人との関係はどうでしょうか?

周りに、育児をしながらの職場復帰に理解のない人ばかりだと、お母さんはとても辛いですよね。

自分も、上司が育児経験のない男性で育児に対して理解のない人だった時、大変な思いをしたことがあります。
子供の体が弱く、休みがちなお母さんを解雇にしてしまったり。
子供が病気になって休む度にクビにされてしまうのではないかと怯えながら働かなくてはいけない環境だったのです。

しかし、育児の経験のある人だからと言って理解のある人ばかりともかぎりません。
子供がある程度、手が離れてからの職場復帰をされた方の中には小さい子を抱えての育児に理解のない方もいます。
周りの協力態勢が万全で職場復帰された方の中にも子供の病気で会社をお休みすることに理解のない方は少なからずいらっしゃいます。
私がみてきた中でも、子供が病気がちで、親にも中々頼れない状況のお母さんがそういった心無い方の為に、退社を余儀なくされた方も何人か目の当たりにしたことがあります。
未就園児を保育しながらの職場復帰には周りの理解が欠かせないことがよく分かりますね。

それでも働きたいママに


そうは言っても、お母さんが活動的な姿を見せることは子供にとっても悪いことではないはずです。

家庭に閉じこもっていないで、自分は社会に出てたくさん働くのが性に合っている!
そんなお母さんが無理をせず働く為にはどうしたらよいでしょう。

周りの人との協力度とマッチした働き方をしていますか?



小さい子供がいるご家庭で、共働きをしていくには、やはり周りの協力度が大切になってきます。

自分の両親、又は旦那側のご両親やその他親戚が協力的で「子供の送り迎えを手助けしてくれる」、「子供が熱を出した時に保育所の代わりに預かってくれる」「子供が具合の悪い時に代わりに病院に連れて行ってくれる」など、協力態勢が整った環境の場合、お母さんの体と心の負担は大分軽減されます。
しかし核家族化が進む現代ではどうしても、「旦那の仕事が忙しく協力が得られない」「両親、親戚共に遠方の為に協力を得ることができない。」「両親とも仕事がある為協力が得られない。」「むしろ親が介護状態にある。」といった方も多いのが現状。

ほかの家庭と比べるのは辞めて、どうしても無理を感じたら、時短にしてもらう、週3勤務に切り替える、正社員雇用からパート雇用にしてもらう、など少しでも負担が軽減できるよう対策を講じましょう。


家事の手間を減らす



家事の負担を減らすことが一番、手早く効果的でしょう。

例えば、
ドラム式洗濯機を購入して、ボタン一つで乾燥までをやってもらって洗濯を干すという時間を節約をする。食器洗浄機を購入して、食器洗の手間をなくす。たまには食事を、お惣菜にするとか外食にするなど、思いっきり手抜きをする
など、お金はかかってしまうかもしれませんが、お母さんがよりよく働ける環境を整えると行った面では家事削減を機械に任せるのが一番の近道ですね。



ベビーシッターやヘルパーを利用する

仕事をしながら家事や育児をしていると、自分が体調を崩してしまったりした時にどうしても立ち回らなくなってしまいますよね。

そんな時には、「ベビーシッター」や「ヘルパー」を利用しましょう。
子供を見てくれる間に休んでおくとか、家事や買い物を代行してもらうととても助かりますよね。

ただし、市などで経営しているヘルパーは予約が必要な上1ヶ月以上待たないといけなかったり、当日頼めるベビーシッターは高額であったりとあくまで『緊急時』に使用することになりそうですね。



まとめ


このように、働きながら子育てをしていくことはとても大変なことです。

しかし、子育てをしながら働いているお母さんは「それだけで偉い」のです。

昔のように同居世帯が当たり前ではなくなってしまった現代で、育児を手伝ってくれる人が減っている状況で育児も仕事もする事はキャパオーバーになってしまうことは当然のことなのです。

また、小さな子供を抱えて働くことに職場や自分の家族の理解がないと、自分一人が孤立したようなとても辛い環境で働かなくてはいけなくなってしまいますよね。


ママが働くにあったって一番の理解者になってくれるのはやはり「旦那さん」という存在。

ワーキングママがより良い環境で働く為には旦那さんの協力が欠かせませんね。

「育児」「家事」「仕事」のバランスはとにかく経験してみないとどこで上手く釣り合いがとれるか分からないものです。
旦那さんもそんな風に手助けをしていいのか戸惑うケースは少なくありません。

特にまだ子供が小さい上、生活のリズムが整わないはじめの一年はとてもつらいもの。
夫婦での話し合いがワーママが健康的に働く鍵になっていくかもしれませんね。


また、子供の体調不良でなかなか思うように仕事にならなくても「今日はお休みだ!」と気持ちを切り替えることも大切。

お休みが長くなってしまったとしても、「仕事」と「家庭」のメリハリをつける事で「気持ちの落ち込み」を防ぐこともできます。

何かと思い通りにいかないことが多いワーママの生活、ある程度割り切って考える事が重要です。

よりよい環境で働けるように徐々に体制を整えていけるとよいですね。