子供が幼稚園に行きたくない時「皆待ってるよ」って絶対言っちゃダメ!

あ〜仕事だる〜幼稚園児に戻りた〜い!

こらこらポメオ。幼稚園児だっていろいろあるのよ。
今日は幼稚園や習い事に行きたがらない園児をクローズアップしてみたわ。

ああ~。分かるわ~。僕も仕事行きたくないもん。

あなたのはちょっと違う問題がありそうね!

GWやお盆休みお正月休みなどの連休から開けると、子供が急に

「幼稚園に行きたくない!!」

なんて言い出すことも。

このように、こういった事態に戸惑い、不安になるお母さんは少なくないようです。

そんな時、親は子供に対してどんな言葉をかけてあげたらいいのか。
子供の自己肯定力を育てながら、どんな対応をしたらいいのかを紹介していきます。

行きたくないと泣く子供にかけてはいけない言葉

楽しかった連休明けというのは大人であっても仕事に行きたくなくなるものです。

特に朝の忙しい時間帯に
「行きたくない!!」
とぐずられてしまうと、どうしても子供を幼稚園に行かせる方向に持っていこうとしてしまいがちです。

こう行った時、親が子供に言ってしまいがちなワードがあります。
「今日は○○ちゃんの好きな体育の授業がある日だよ!」
「担任の○○先生が○○ちゃんのこと待っているよ?」
「今日は幼稚園に行かないのかな?お家で一人で待っている?」
などと、言ってはいないでしょうか?

子供にとって「泣く」という手段は親に何かを伝えたいときのサインの一つです。
どうしても時間通りに幼稚園に行かせなくてはいけないという焦りから、ついつい子供の気持ちを汲み取らず、「幼稚園はたのしいよ!」とアピールしてしまいがちですが、それをしてしまうと子供は「お母さんは自分の気持ちを分かってくれようとはしない」と感じてしまうのです。

幼稚園に子供を行かせるには

「幼稚園に子供を行かせるには」と銘打ってみましたが、「幼稚園にいく!」と決めるのは子供自身です。

子供にどんなに

「幼稚園は楽しいところだよ!」

と、子供が幼稚園に行きたくないという気持ちを誤魔化すように、楽しいよ!とアピールしてみても、結局、幼稚園は楽しいところ!と決めるのは子供自身です。

こんな時大切なのは子供に寄り添う姿勢になってきます。

ポジティブな話題で誤魔化すことなく、子供のネガティブな感情に向き合ってあげることが大切です。
子供がどうして幼稚園に行きたくないのか、
「お家で遊びたい。」
「ママともっと一緒にいたいの。」
という感情を、
「○○ちゃんはもっとママと一緒にいたかったのね。」
と受け止めてあげることで子供は、
「そうか、いきたくないという感情もママは受け止めてくれるんだ!」
と、そこでやっと自分自身の問題と向き合うことができるようになるのです。

親の意見を押し付けたり、ああしてみたら?こうしてみたら?と最初から提案しすぎてしまうと、子供の自分自身で考える力を奪ってしまいます。
うまく言葉にできないことを足してあげるのは大切ですが、子供の自分で解決しようとする力を信じてあげることも大切です。

子供が幼稚園でいじめられているのでは?

また、あまりにも「いきたくない」という日が続くと子供同士のトラブルが原因で幼稚園に行きたくないと言っている場合もあるんではないか?と、心配になってしまいますよね。

そんな時に、
「幼稚園でなにかあった?誰かにいじめられた?」
と開口一番に、根ほり葉ほり聞こうとするのもやめましょう。
子供がプレッシャーを感じて、余計に話せなくなってしまうケースもあるからです。

「お母さんは、どんなことがあっても○○ちゃんの味方でいるからね。」

と伝えることで子供に安心感を与え、いつでも話やすい環境を作ってあげることが先決です。
また、担任先生に子供が最近「行きたくない」と朝ぐずって心配だ。幼稚園で何かあったのではないか?
と、状況を伝えて、園での様子を伺うことも大切です。
担任の先生はプロですから、良いアドバイスを聞けるかもしれません。
なにより、子供が日中元気に活動できていることを知ればママの安心にも繋がりますよね!

具体的にはどうすればいい?

 筆者の娘も幼稚園年中さんの六月頃になって、

「幼稚園いきたくない」「今日はママがいい」

と、登園前にぐずるようになってしまいました。
初めてのクラス替えや、担任の先生が変わったことによるストレスがGW明けにじわじわときてしまったようでした。
しかしその時は理由が分からず、四月から元気いっぱいに登園していたわけですから、とても心配になりました。
結局突然の「登園拒否」にどうしたらいいか分からず、おろおろしてしまい・・・なんとか遅刻させて登園させました。
教室に着いて担任の先生に事情を説明すると、

「いつも日中、元気に過ごしているから心配なさらないでください!遅刻してしまうと余計に教室に入りにくくなってしまいますから、いつも通りに連れてきてみてくださいね~。」

とアドバイスを受けました。

それから数日は毎朝、「行きたくない~」とぐずりましたが。

「じゃあ、担任の先生に今日は『ママと一緒にいたいので今日はお休みしたいんです』って相談してみようか。」

と、少し強引でも、まずは幼稚園に連れていくことにしたのです。
教室に行くと、先生やお友達に連れられてなんとか登園することが出来ました。
心配でしたがおうちに帰ってくると、いつも通り幼稚園であったことや楽しかったことを教えてくれ、ほっと一安心。
それから二週間経ち無事に幼稚園に行くようになった娘ですが、たまに「行きたくない症候群」を発症してしまいます(笑)
しかし、体調不良やトラブルなど、なにもないのならばかわいそうだからと幼稚園に行かせないのは逆効果です。

「お母さんは時には強い気持ちを持って、どんと構えてなくてはいけない」

と、気付かされた出来事でした。

まとめ

なるほど〜。小さな子供でも大人と一緒で「今日は幼稚園に行きたくないな」と思うことがあるんだね。

そうなの。だからなるべく子供の気持ちに寄り添ってサポートしてあげることが大切ね。

幼少期というのは子供の自己肯定力を育てるのに大切な時期です。
子供が幼稚園に行きたくない、とぐずってしまう理由をきちんと理解してあげて、子供が大人に育っていく過程で同じようなことでつまずいたとき、子供が自分自身の力で解決していける力を育ててあげることが大切ですね。

家庭しか知らなかった子供が集団生活の中に入り、いろいろな不安や不満を抱えるのは成長するに当たって、極自然なことです。
子供の成長を親としてサポートすることができれば、きっと子供と一緒に成長してゆけるはずですね。