子供ができてから独身時代の友人と疎遠になってしまったら

結婚をし、子供が産まれると忙しい毎日を送ることになりますよね。
そんな中で大切にしたいのに、優先順位が低くなってしまいがちなのが「友人付き合い」。
子育てをしながら仕事をしはじめるとなおのこと、友人付き合いが疎遠になっていきますよね。
特に疎遠になりがちなのが「独身の友人」。
以前はよく遊んでいた友人と疎遠になってしまったことが気になる方のために「心地よくでき人付き合いの方法」をまとめてみました。

独身時代の友人と疎遠になってしまう理由

1,時間が合わなくなった

結婚して、子供ができてだと今まで遊んでいた友人と根本的な時間が合わなくなってきます。今まで自由に使えていた時間は家事や子供の為、家族で過ごす時間に費やさなくてはいけません。
気軽に食事やお茶にも行けなくなってしまい、「付き合いがわるい」なんて言われてしまうことも。

2,話が合わなくなった

子供が産まれると、価値観も大きく変わります。
遊びに行くことは決して気軽ではないし、お金の掛け方も以前とは違います。
話題中心は、「子供のこと」や「旦那」「義理母」など家庭の話が多く、独身の友人に話してもあまり共感してもらえないようなお話ばかりになってしまいます。
逆に独身の友人のお話を聞いていても、イマイチ共感できないような内容ばかりだったり…。

3,ライフステージがちがうことによる根本的な隔たり

ライフステージが変わったことによって、本人達が無意識に「独身」「母親」という隔たりを感じてしまっている場合があります。
独身の側は「旦那さんやお子さんに悪いから遊びに誘いづらくなった。」という方もいらっしゃいますし、母親になった側の方も「独身の人は毎日子育てと家事しかない私の話なんて聞いてもつまらない。」と思ってしまいがちです。
「〇〇も早く結婚しなよ〜」なんて軽口が叩ける程の親密さでない限り、独身側の友人にも結婚の話題に気を遣ってしまったりと、ライフステージの違いは関係の濃密さに謙虚に現れることも。
そんな友人とは共通の趣味などがないと一緒にいても話題に困ることになってしまったり…。

大切にしたいと思っているのに一緒にいるのが苦痛。どうしたらいい?

仲良くしたと思っているからこそ一度離れる

独身時代の友人も大切にしたいと思っているのに、思えば最近話しているのは子供がでできてからのママ友ばかり。
独身時代の友人とのどういった距離感で付き合って行ったらいいのか分からない。
子供が産まれてから、急に壁ができてしまったようで悲しい。

なんて方は少なくありません。



私も昔似たようなことで悩んでいた時に、祖母からこんな言葉をかけてもらいました。

「家庭ができたら友人と疎遠になるのは当たり前。本当に気の合う友人なら子育てが落ち着いた頃にまた集まり出せるもんだよ。」

と。

そう、長い人生からしたら子育てが大変な期間なんてほんと一時。

子供の小さい頃の可愛さや大変さを味わえるのは今しかないのです。
友人付き合いに少しでも疑問を感じてしまったのなら、昔の友人にこだわるのではなく、今は子育てを思いっきり楽しんでしまうのが心の安息になることでしょう。

少し勇気のいることかもしれませんが、子供が産まれてから距離感を感じるようになってしまった友人とは「一度あえて離れてみる」のも手かも。
もちろんライフステージの違くなった友人とは絶好しろ!ということではありません。
良い距離感を保ちながら、べったりとした関係は少しお休みするということです。

そうすることで新たな出会いが増え、様々な人に触れることによって人生が豊かになる予感がしますよね。
本当に思いあっている友人同士ならお互いに生活が落ち着いついたころに再び楽しく向き合える日がくるはずです。

一旦身の回りをフラットな環境を作って関係を見直そう



女性は男性に比べて、ライフステージによって友人付き合いが敏感に影響されるものです。

苗字が変ったり、妊娠して仕事を辞めて家にはいったり、朝も夜もなく子育てや家事を中心的にやらなくてはいけなかったり。結婚すると女性の方が今までのように生活できなくなることが多いからです。
始めこそその環境の変化に違和感を感じたり、寂しさを感じたりする事もありますが、ははおやになった今これまで以上に友人の幅が広がりますよ。

今までの友人付き合いが合わなくなってしまったと感じているのはあなただけではありません。
結婚して子供を授かった多くの方が感じている悩みです。
そして友人関係がうまくいかなくなってしまったのは決してあなたのせいというわけではありません。
だから決して無理に周りに合わせようとしたり、自分を責めたりせず、自分の心地よいと思う人付き合いをしましょう。

「子供ができてから友人付き合いがつらい…。」そう感じてしまった時点で自分の生活や人間関係に無理がないかを見直すいい機会なのかも!と思うのが自分を気持ちを上手くリセットさせるこつかもしれませんね。